【講演発表】
・(社) 日本金属学会 秋期講演大会
  平成29年9月 北海道大学
  液相Zn/ 固相Cu接合界面の等温接合法による実験的観察;田中(泰),梶原

・(社) 日本金属学会 秋期講演大会
  平成28年9月 大阪大学
  液相Znと固相Feの反応拡散に対する等温接合法による観察実験;田中(泰),梶原

・(社) 日本金属学会 秋期講演大会
  平成27年9月 九州大学
  等温接合法による液相Znと固相Cuの反応拡散の実験的検討;田中(泰),梶原

・(社) 日本金属学会 秋期講演大会
  平成26年9月 名古屋大学
  液相Zn/固相Cu系の等温反応拡散における化合物の生成形態;田中(泰),梶原

・(社) 日本金属学会 秋期講演大会
  平成25年9月 金沢大学
  等温接合法による液相Zn/固相Ti系の反応拡散の実験的観察;田中(泰),梶原

・(社) 日本金属学会 秋期講演大会
  平成24年9月 愛媛大学
  液相Znと固相Cu−Zn合金の等温反応拡散における化合物生成挙動;田中(泰),梶原

・(社) 日本金属学会 秋期講演大会
  平成23年11月 沖縄コンベンションセンター
  等温接合法による液相Zn/固相Cu系の反応拡散の実験的観察;田中(泰),梶原

・(社) 日本金属学会 秋期講演大会
  平成22年9月 北海道大学
  等温接合法による液相Zn/固相Fe系の反応拡散の実験的観察;田中(泰),梶原,林,西畑

・(社) 日本金属学会 秋期講演大会
  平成21年9月 京都大学
  液相Al/固相Ni系の反応拡散における化合物の生成形態;田中(泰),梶原

・(社) 日本金属学会 秋期講演大会
  平成21年3月 東京工業大学
  Al-Fe系の液相/固相反応拡散における化合物の成長挙動の解析的検討;田中(泰),梶原

・4th International Symposium on Designing, Processing and Properties of Advanced Engineering Materials
  Noyori Conference Hall, Nagoya, Japan, November, 2008
  Heating Conditions for Production of Uniform Fe-Al Compound Layers during Aluminization;
  Y.Tanaka, M.Kajihara

・(社) 日本金属学会 秋期講演大会
  平成20年9月 熊本大学
  液相Al/固相Fe拡散対における化合物の成長挙動;田中(泰)、梶原

・ ALEMI2008, The 7th International Workshop on Alloying Element Effects of Migration of Interfaces
   Musashi Institute of Technology and Arcadia Ichigaya, Tokyo, Japan, March, 2008
   Growth behavior of compound layer during reactive diffusion between solid Fe and liquid Al;
   Y.Tanaka, M.Kajihara

・日本学術振興会 第172委員会 合金状態図研究会
  平成19年11月、愛知県、知多半島
  液相Alと固相Feの反応拡散における組織形成挙動;田中(泰)、梶原

・(社) 日本金属学会 秋期講演大会
  平成19年9月 岐阜大学
  Al-Fe系の液相/固相反応拡散における組織形成形態;田中(泰)、梶原

・日本学術振興会 第172委員会 合金状態図研究会
  平成19年5月 独立行政法人 物質・材料研究機構 目黒支所
  有限の液相Al/固相Cu拡散対における界面移動の解析的検討;田中(泰)、梶原

・(社) 日本金属学会 春期講演大会
  平成19年3月 千葉工業大学 習志野キャンパス
  Cu-Al系の反応拡散における液相中の相互拡散;田中(泰)、梶原

・ Japan-China Joint Symposium on Phase Diagram, Materials Design and Their Applications
  Xiamen, China, November 2006
   Kinetics of Reactive Diffusion between Liquid Al and Solid Cu; Y.Tanaka, M.Kajihara

・(社) 日本金属学会 秋期講演大会
  平成18年9月 新潟大学
  液相Al/固相Cu拡散対における金属間化合物の成長挙動;田中(泰)、梶原

・(社) 日本金属学会 秋期講演大会
  平成17年9月 広島大学
  Cu固相とAl液相の反応拡散における組織形成形態;田中、梶原

・FGM2004, The 8th Internatinal Symposium on Multifunctional and Functionally Graded Materials
   Leuven, Belgium, July 2004
   Graded Microstructure at Fiber / Copper Matrix Interface in FRM fabricated by Reaction at Narrow Holes Method
 【論文】
1. Numerical analysis for migration of interface between liquid and solid phases during reactive diffusion in the binary Cu–Al system
  Materials Science and Engineering: A, Volume 459, Issues 1-2, 2007, Pages 101-110
  Y. Tanaka, M. Kajihara

2. Growth behavior of compound layers during reactive diffusion between solid Cu and liquid Al
  Materials Science and Engineering: A, Volumes 445-446, 2007, Pages 355-363
  Y. Tanaka, M. Kajihara, Y. Watanabe

3. Evaluation of Interdiffusion in Liquid Phase during Reactive Diffusion between Cu and Al
  Materials Transactions, Volume 47, Issue 10, 2006, Pages 1-9
  Y. Tanaka, M. Kajihara, Y. Watanabe

4. Graded Microstructure at Fiber / Copper Matrix Interface in FRM fabricated by Reaction at Narrow Holes Method
  Materials Science Forum, Volumes 426-432, 2003, Pages 737-742
  Y. Tanaka, T. Goto and Y. Watanabe

5. Nucleation-and-growth kinetics of small crystals in amorphous Al88Ce2Ni9Fe
  Philosophical Magazine A, Volume 76, Issue 2, 1997, Pages 387-412
  S. Omata, Y. Tanaka, T. Ishida, A. Sato and A. Inoue

6. Observation of crack propagation in amorphous Al88Ce2Ni9Fe containing nanoscale crystals
  Philosophical Magazine A, Volume 71, Issue 3, 1995, Pages 179-184
  Y. Tanaka, K. Tunemi, S. Omata, A. Sato and A. Inoue

7. Microstructure and Mechanical Properties of Ni-Al Fiber Reinforced Composite Fabricated by the Reaction at Narrow Holes Method
  Proc. of 10th Japan International SAMPE Symposium & Exhibition (JISSE-10), SM72, 1-6 (2007).
  S. Gonda, H. Sato, Y. Watanabe,Y. Tanaka and M. Kajiwara

8. 細孔反応法による金属間化合物長繊維強化型複合材料の開発
   繊維学会誌(繊維と工業)62,No.9(2006)280-281
   渡辺義見、佐藤 尚、田中泰彦、金翼水